視力矯正方法について

第三の視力矯正方法について

笑顔の女性

少し前まで、一度悪くなってしまった視力を医学的な治療によって回復させることは、ほぼ不可能だと考えられていました。せいぜい視力低下を予防したり、視力悪化の速度を遅らせたりする程度のことしかできないと思われていたのです。そのため、視力矯正の具体的な方法としては、まず第一にメガネを使う方法、そして第二にコンタクトレンズを使用する方法が用いられるのが一般的になっていました。しかし、第三の視力矯正方法と呼ばれているレーシックが誕生したことにより、視力そのものを回復させることが可能になりました。日本国内でレーシック手術の安全性が正式に認めらたのは2000年のことです。札幌市民は他の地域に住んでいる人よりも新し物好きの人が多いと言われていますが、札幌にはかなり早い時期にレーシック専門クリニックができました。その後、札幌市内各所に専門クリニックがたくさん開設されたのですが、現在多くの人が治療を受けています。

良いクリニックに患者が集っています

レーシック手術を受ければ、近視や遠視、乱視などの悩みを抱えている人でも、裸眼で生活することができるようになります。メガネをかけているとスポーツをする際に支障が出てしまいますし、レンズの曇りで恥ずかしい思いをしてしまうこともよくあります。一方、コンタクトレンズを使用している場合も、外出する際にケア用品一式を携帯する必要があるなど、煩わしい思いをすることになります。また、アレルギーがあってコンタクトレンズを使用することができないという人が結構たくさんいます。レーシック手術を受ければこれらの問題で頭を悩ませる必要がなくなるため、手術を希望する人が増えてきています。ただし、リスクが全くない手術ではありませんので、信頼できる医師がいるクリニックで治療を受けるようにする必要があります。先程述べた通り、札幌市内には数多くのレーシック専門クリニックがありますが、評判の良いクリニックに患者が集中しているのが実情です。